トイレリフォーム

トイレリフォームで多いのは、便器の交換です。
和式から洋式に変更する場合や、古くなった便器を交換する場合があります。
最近は、便座に座るときに冷たくない「暖房便座」、ウォシュレットでお尻が洗える「温水洗浄便座」が増えています。


便器の種類もいろいろあって、便器に手洗いが付いているものや収納が付いているタイプがあります。
トイレの中に棚など余計なものを作りたくない場合は、収納が付いているタイプにすれば、トイレットペーパーやトイレの洗剤などの掃除用具をしまうことができます。


トイレの素材の多くは陶器ですが、掃除がラクなように便器の内側が特殊な素材でできているものがあります。
除菌のできるものなら小まめに掃除をしなくても、便器の内側をキレイに保つことが可能になります。


便器以外のトイレリフォームでは、床や壁の張り替えなどの内装のリフォームが考えられます。
床や壁には汚れや菌が飛び散りますが、汚れがつきにくい素材や除菌できる素材にすれば衛生的です。


それと、バリアフリーにトイレリフォームする場合は、床の段差をなくすほかにドアを付け替えたり、車イスをご利用であれば、車イスが入れるような広いスペースに広げる必要があるでしょう。


トイレリフォームの料金は、便器を交換するだけなら大きな費用はかかりませんが、床や壁の張り替え、またはバリアフリーなどの内装のリフォームとなれば、かなり高額な費用となります。
しかし、トイレ自体は節水効果がついていたりするので、エコなものが増えています。